クラミジアとは?クラミジアの症状・原因・治療方法について

MENU
まんこの臭い対策グッズランキング1位は?

クラミジアとは?クラミジアの症状・原因・治療方法について

クラミジアのような性感染症はこれといった症状が出ないケースも少なくなく、発見が遅れることがあります。

うっかりしていると病気のサインを見逃してしまうことがありますので、若い方の場合にも代表的なクラミジアの症状や感染経路などは一通り把握しておきましょう。
これからご紹介するクラミジアの検査や治療法、費用なども知っておくと安心です。

目次
  1. クラミジアの特徴とは
  2. クラミジアの症状とは?
  3. クラミジアの原因は性交渉?
  4. クラミジアの検査方法は?
  5. クラミジアの治療方法や治療の値段は?
  6. さいごに〜検査で性感染症の悪循環を防ぐ!〜

身近な性感染症として話題のクラミジア

クラミジアは、日本でもり患率が増えている性感染症です。
この病気は、病原菌のクラミジア・トラコマチスに感染することで発症します。

 

性感染症であるクラミジアの場合、性別に関係なくかかる可能性がありますが、男性と女性とでは現れてくる症状が異なります。
男性は尿道付近に症状が出てくるのが一つの特徴で、排尿の際に痛みなどを感じるようになります。
一方、女性の場合はおりものの変化が病気に気づく一つのきっかけとなるケースが多いです。

 

淋病や他の性感染症同様に、クラミジアの場合にも抗生物質を使用することで、比較的スムーズに症状は落ち着きます。
ですが、完全に治るまでの間はドクターの治療を受ける必要があります。

 

クラミジアの怖い特徴について3つご紹介します。

 

症状に気づきにくい

初期のクラミジアの症状は概して軽いことから、病気の存在に気づかない場合があるのが問題です。

 

不妊などの恐れがある

クラミジアの怖い所は、二次感染や将来的な問題を引き起こす可能性があることです。
例えば、男性や女性の不妊はこのクラミジアとの関係が指摘されています。
子宮や骨盤、前立腺などに広がった炎症を治療しないまま過ごしてしまうと、実のところ不妊や流産の可能性が出てくるのがクラミジアの厄介な所です。

 

二次感染の恐れがある

性感染症という性質上、クラミジアの場合も二次感染が心配です。
パートナーへの感染はもちろん、妊娠中の女性は母子感染のリスクも生じてきます。
赤ちゃんがクラミジアの菌に感染すると肺炎などを起こすことがあり、専門的な治療が必要となってきます。
従って、クラミジアが疑われるような症状が見られたら、自分自身だけでなくパートナーや家族の健康状態もチェックしておくのがおすすめです。

クラミジアの症状とは?

女性の症状

おりものの変化がある

女性にとっては、おりものの変化が病気の兆候を知る1つのサインになってきます。
毎月の自分のペースを把握していると、ちょっとした変化にも気づきやすくなります。
生理の前後でおりものの量や色がどのように変わってくるかをチェックしておき、性感染症などの病気のサインに早めに気づけるように心がけるのがベストです。

 

クラミジアに感染すると、おりものの量が増えてきます。
透明で水のようなおりものが見られるのが、クラミジアに感染した場合です。

 

発熱やお腹、腰の痛みなど

ただ、細菌による炎症が子宮頸管などのより広い範囲に広がった場合は、少し違った症状が出ることもあり得ます。
発熱やお腹、腰の痛みなどがあれば、骨盤に炎症が生じている可能性も出てくるため、早めに婦人科を受診しましょう。

 

不正出血、性交痛

おりものの他にも、クラミジアになると不正出血や性交痛などが見られる場合があります。

 

のどの痛み

また、喉が感染経路となった時には、風邪を引いた時のような喉の痛みが生じます。

 

その他の病気も誘発する可能性

クラミジアは悪化すると子宮頚管炎や卵管炎などを誘発します。
炎症が広がるにつれて色々な症状が出てきますので、おりものが多い時には全身の状態に目を配るのが賢明です。
腹膜や肝臓などに影響を与える可能性もあることから、症状を放置するのはかなりリスキーな行為です。

 

男性の症状

男性は、尿道や前立腺に炎症が生じるため排尿時の不快感などがクラミジアの代表的な症状となります。
このような場所の炎症によって、排尿時に痛みを感じる方や熱が出るといった方が出てきますので、女性よりも若干症状に気づきやすくなるのが男性です。
男性の場合も喉の症状には気を付けましょう。

感染者との性交渉がクラミジアの一つの原因に

性交渉によって感染するのが、クラミジアという病気です。
若い世代の間でも異性との性交渉が一般的になったことで、クラミジアの感染率は徐々に低年齢化していると言われています。
実際、専門団体によって2007年に行われた調査では、女子高校生の約13パーセントがクラミジアに感染しているという結果が出ています。
男子高校生の場合も、約7パーセントの生徒がこの感染症にり患しているという結果になっており、10代の学生にとってもクラミジアは軽視出来ない感染症です。

 

キスやオーラルセックスでも

クラミジアは粘膜を通じて感染することが多く、通常の性交渉以外にもオーラルセックスなどが感染経路として考えられます。
口や喉の粘膜からも感染するため、ディープキスなども感染経路となることがありますので要注意です。

 

このような性質を持つクラミジアは、性交渉の機会が多いほど一般的には感染のリスクが上がります。
様々な相手と性交渉の機会を持つ方の場合は、やはり感染のリスクも増えてしまうのが現実です。
その方とのライフスタイルとも関係が深く、適切な予防策を講じることが求められています。

 

セックスをする場合は避妊具で予防

クラミジアの感染を防ぎたい場合には、粘膜の接触を避けるのが1番です。
従って、コンドームなどの避妊具を利用するのが1つの対策になってくるでしょう。
コンドームは、妊娠の問題だけでなくクラミジアのような性感染症を予防する上でも効果があります。
エイズなどのより深刻な病気を予防するためにも、コンドームのメリットを活用するのが良い方法です。

クラミジアの検査方法は?

婦人科や泌尿器科などでは、症状がある場合に保険適用でクラミジアの検査を行っています。
女性の場合は膣の粘膜からおりものなどを医師が採取して、クラミジアの細菌がいるかどうかを調べます。
このような検査の時には、子宮頚管や子宮の状態を医師がチェックすることもあり、その方が抱えている症状によって検査のアプローチは色々です。
男性の場合は、尿をとってクラミジアの細菌の検査を進めます。
喉に症状がある時には、喉の粘膜の検査も行われます。

 

クラミジアの治療は薬で行われるため、病院の方針によっては血液検査などがプラスされる可能性も出てきます。
例えばアレルギー体質の方や持病がある方の場合は、使用する抗生物質に対する反応や全身状態を調べることもあるのが病院の検査です。
症状が重い時は、肝機能や腎機能の検査なども行われる場合があるでしょう。
妊娠中の女性に関しては、医師もより慎重に症状を見極めて薬を処方します。
クラミジアは他の性感染症と合併しているケースも少なくなく、淋病などの検査を一緒に行う病院もあります。

 

検査だけを希望する場合は、市販のキットを利用するという方法も可能です。
このような検査キットは通販でも手に入りますので、気になる時にいつでも使えるのが便利と言えます。
クラミジアを始め、他の性感染症の検査も同時に出来るキットがあり、病院を受診する時間がない時や受診をためらう時などには、キットの結果を元にある程度予測をつけておくのも1つのアイデアでしょう。

 

信頼出来る商品を選べば、検査の精度はかなり高くなります。
こういったセルフの検査で、万が一陽性という結果が出た時にはすぐに専門の医療機関を受診しましょう。
検査の結果を持参すれば、医師とのコミュニケーションもスムーズに進みます。

クラミジアの治療方法や治療の値段は?

性感染症の治療は、加入している健康保険を利用して受けることが出来ます。
しかしながら、保険適用外の診療を行うクリニックや個人輸入薬などを利用して治療を行う場合は、このような健康保険は基本的に使えません。
ですので、治療を開始する時には費用などを考慮して良い方法を考えましょう。

 

通常の医療機関でクラミジアの治療を受けた場合は、数千円の初診料の他に診療や検査の費用、薬の処方料などがかかります。
初診料は約3千円から5千円、クラミジアの基本的な検査は約4千円前後となっていますので、3割負担の方の場合はこういった金額の3割分を医療機関に支払うことになります。
従って、薬代を含めると1回の受診につき必要になる医療費は、2千円から3千円前後が平均的な金額と言えるでしょう。

 

クラミジアの治療は、数回にわたって行われるのが基本です。
治ったように見えても、いまだクラミジアの細菌が体の中で生きていることが考えられるため、症状がなくなっても4日から1週間前後は抗生物質の服薬を続けます。
その後の再検査で異常がなければ、一応は完治の状態となるでしょう。

 

ただ、感染の原因となったパートナーとのコミュニケーションが上手にいかないと、再感染をする可能性が高くなってきます。
後の感染を防ぐためにも、クラミジアであることが分かったらカップルで検査や治療を受けることが必要です。
ライフスタイルとも関係が深い性感染症は、治療後の対策も重要です。

さいごに〜検査で性感染症の悪循環を防ぐ!〜

日本で流行している性感染症には、色々な種類があります。クラミジアと似たような症状が出る病気も見られるため、異常を感じたら専門的な検査を受けましょう。
クラミジアのような細菌によって発症する感染症は、その方の体質や健康状態によって症状の現れ方やレベルが変わるのが常です。
そのため、場合によっては挙げられている代表的な症状に該当しないことも出てきます。
抵抗力がある方の場合は症状も軽くなることが多いですが、保菌していることに気づきにくくなるのが難点です。

 

クラミジアは、エイズとの関係も話題になっている性感染症です。
クラミジアに感染しているとエイズになるリスクが最高で5倍にアップすると言われています。
ライフスタイルに影響されやすい性感染症は、悪循環を招いてしまうことがあるのが本当の所です。

 

クラミジアの影響によって体の抵抗力がおちてくると、様々なウイルスや細菌に感染しやすくなることも考えられます。
健康な体を維持するためにも、性感染症の検査はコンスタントに受けておく方が安心です。

 

女性は、デリケートゾーンの不快感から性感染症などの病気を発見出来ることが多々あります。
おりものが増えて肌がかぶれる、というような時には皮膚トラブルの背景にある病気のリスクにも気を配っておきましょう。
おりものの臭いや色がいつもと違うようなことがあれば、そのまま放置しないことが肝心です。

関連ページ

女性が性病に感染するとどんな事が起きるの?6つの性病の症状
女性の性病の症状について、代表的な6つの性病に感染した場合の症状を紹介しています。まんこ(あそこ)の痛みや匂い、かゆみなどがある場合は?クラミジア、淋菌、梅毒、膣トリコモナス症、膣カンジダ症、細菌性膣炎の可能性があります。
淋病とは?淋病の症状・原因・治療方法についてまとめました
おりものやあそこが臭い匂いの原因は性病?性病匂いラボでは女性の性病とおりものの臭いの違い、対策・検査方法や石鹸では洗えないあそこの匂い解消法をまとめています。また、生理・おりものなど女性のまんこの悩みについて詳しくご紹介します!
性器ヘルペスとは?性器ヘルペスの症状・原因・予防方法について
おりものやあそこが臭い匂いの原因は性病?性病匂いラボでは女性の性病とおりものの臭いの違い、対策・検査方法や石鹸では洗えないあそこの匂い解消法をまとめています。また、生理・おりものなど女性のまんこの悩みについて詳しくご紹介します!
梅毒とは?梅毒の症状・原因・治療方法についてまとめました
おりものやあそこが臭い匂いの原因は性病?性病匂いラボでは女性の性病とおりものの臭いの違い、対策・検査方法や石鹸では洗えないあそこの匂い解消法をまとめています。また、生理・おりものなど女性のまんこの悩みについて詳しくご紹介します!
トリコモナスとは?トリコモナスの症状・原因・治療方法についてまとめました
おりものやあそこが臭い匂いの原因は性病?性病匂いラボでは女性の性病とおりものの臭いの違い、対策・検査方法や石鹸では洗えないあそこの匂い解消法をまとめています。また、生理・おりものなど女性のまんこの悩みについて詳しくご紹介します!